当店について

ABOUT

当店について
『紺碧の海』は、神田・お茶の水の地で“街の旅館”の系譜を受け継ぎながら、和と洋、用と美を融合させた「ホテル龍名館お茶の水本店」を運営する龍名館の六本木での新たな提案。
魚をメインに、六本木の街に似合う「肴バー」を目指します。

当店で是非召し上がっていただきたいオススメは、コースに含まれる「紺碧の海 盛り合わせ」。
酒の肴になるように考案された“一皿会席”は約15種を一皿の中で味わうことができます。
形式にとらわれないくずし会席を銘打ち、少量多品種でその魅力を存分に楽しめます。

店名の由来

ORIGIN OF A NAME

店名の由来
店名の『紺碧の海』は、阿久悠氏が伊東市制50周年で贈った詩「蜜柑と魚と」の中で、伊豆の海を表現した言葉を由来にしました。


山の上から蜜柑が転がる
緑の中を
心の色の果実が走る
ふとひと休み
見わたせばひろがる紺碧の海
あそこまで走りましょう
走りましょう
魚に会いに・・・・
ああ伊豆の伊東は
光と風に恵まれて
季節が描く天国に
人が蜜柑のように生きる
人が魚のように生きる

紺碧の海の信頼できるパートナー

PARTNER

紺碧の海の信頼できるパートナー
素材は信頼できるパートナーから仕入れております。

当店では伊豆伊東のお魚マイスターの
中野鮮魚店さんとお取引させて頂いております。

お店の空間について

Art work

お店の空間について
店内は清潔感のある落ち着いた空間です。
壁には陶芸家の箱崎竜平氏によって作成されたアートワークを飾っております。
箱崎竜平氏の作風は、 磁器で有りながら土物のよう伸びやか轆轤造形と自由刷毛目呉須金彩、銀赤絵などの多付けが評価を受ています。

【陶芸家 箱崎竜平氏について】
1958年 奈良県生まれ
1980年 北海道教育大学 卒業
1981年 京都市立工業試験所技能者養成を修了
1982~84年 笠間市にて陶芸家小林東洋氏師事
1986~90年 滋賀県立北大津養護学校にて窯業指導
1988年 奈良県に築窯 奈良県に築窯
1994年 日清食品「めん鉢」大賞展 作品買上

日本クラフト協会理事歴任後、現在は協会会員
京都高島屋・ 松屋 銀座 など全国各地にて個展開催