パン

千葉・松戸/パン焼き小屋Zopf[ツオップ]のカレーパンを通販でお取り寄せ!

Zopf[ツオップ]のカレーパン

千葉県松戸市の北小金駅から遠く離れた閑静な住宅地の中にひっそり佇むこじんまりとしたパン屋さん「Zopf(ツオップ)」は”パン好きの聖地”と呼ばれ多くの人を集めています。そのZopfで1日に700 個ほど売れ、不動の一番人気を誇るオリジナルカレーパンが東京駅の構内でも提供されているのをご存知ですか。

それどころか、「Zopfカレーパン専門店 グランスタ東京」のオリジナルカレーパンを通販でお取り寄せしてご自宅でも食べられるようになりました。

牛挽肉をたっぷり使い、玉ねぎ、にんじん、きのこを加えて煮込み、十数種類のスパイスで仕上げたカレーを少し甘めの生地で包み、粗目のパン粉をつけています。しっかり揚げていただくと、「ガリッ」とした食感に、「モチッ」とした甘めの生地がスパイシーなカレーを引き立ててくれます。

Zopfのカレーパンを実食レポート

松戸のパン焼き小屋Zopfに行ってきました。JR常磐線の北小金駅から松戸新京成バスに乗って「表門」というバス停で下車。そこからスグの所にZopfはあります。本当にこじんまりとしたパン屋さん。その狭い店内には所狭しと美味しそうなパンがぎっしりと並んでいます。ウィンドウ内のパンは店員さんに伝えてトレイに入れてもらうというケーキ屋さんのような方式です。カレーパンだけは別格なのか、ウィンドウの上のカゴの中に入っていました。私は、カレーパン3つ買って帰りました。

思ったより大きめサイズです。外側のパン粉がザクザクしてパン生地はもっちり、中からスパイシーなカレーが登場。この3つのコンビネーションが最高です。特に、ほんのり甘いパン生地が美味しくて、カレーのスパイシーさをしっかり引き立ててくれています。ボリューミーでしたが美味しいからあっという間に完食しました。

パン好き女優・木南晴夏さんも大好きだそうですが、その理由がひとくち目のザクザク食感でわかりました。笑

Zopf人気カレーパンのお取り寄せ方法

Zopf(ツオップ)では、インターネットからカレーパンのお取り寄せができます。発送日限定&毎回50名限定のため、お取り寄せしたい場合は公式サイトをご確認ください。

Zopf の通販はコチラ

また、せっかく訪れてもお目当てのパンが売り切れているということが無いよう、前もってネット注文し店舗で受け取る「お取り置き」サービスもあります。

パン焼き小屋Zopf[ツオップ]

店の名前はドイツ語ですが、並ぶパンは多国籍。 そのアイテムは400以上。毎日300種類のパンを焼き出しています。 「かならずお気に入りのパンが見つかるでしょう」がコンセプト。 あふれんばかりに焼き出されたパンに囲まれて、ぜひあなたのお気に入りのパンを見つけてください。

美味しいと評判のパンは松戸市のふるさと納税の返礼品にも使われています。

こだわり

自家製粉機で新鮮で薫り高い国内産小麦の全粒粉

店舗情報

千葉県松戸市に店舗があります。1階はパン屋、2階はカフェとなっています。

パン焼き小屋Zopf
住 所 千葉県松戸市小金原2-14-3
営業時間
B’Zopf(パン店) AM7:00~PM5:00
R’Zopf(カフェ) AM7:00~PM5:00(LO.PM4:30)
休業日
B’Zopf(パン店) 夏季休業 8月31日〜9月7日
R’Zopf(カフェ) 5/11、18、25、6月1、8、15、22、29
公式サイト パン焼き小屋Zopf

Zopfの本

Zopfの本はAmazonで購入できます。

Fixingと一緒に楽しむZopfが焼くライ麦パン


Fixingと一緒に楽しむZopfが焼くライ麦パン

ZOPFのおうちパン テーブルロール


ZOPFのおうちパン テーブルロール

著者 伊原靖友(いはら やすとも)

1965年生まれ。18歳でパン職人を志し、以来、この道ひと筋。他店での修業を経て、1987年から両親の営むパン店で働きはじめる。2000年に代替わりと同時に、「パン焼き小屋ツオップ」にリニューアルした。B級からA級まで、おいしいものは何でも食べてみないと気が済まないという、研究熱心な性格をもつ。自店でのパン教室のほか、講習会の講師などを務める一方で、新商品の開発やコンクールへの出品などにも意欲的に取り組んでいる。販売とカフェを担当するのは、夫人でもあるりえさん。アンティークの家具や食器などが好きで、カフェの内装には彼女のセンスが生かされている。

Sponsored Links