新潟名物タレカツ丼[とんかつ太郎監修]を通販でお取り寄せ!

新潟名物タレカツ丼とは?

タレカツ丼は、新潟県のご当地B級グルメとして知られ、最近は「秘密のケンミンSHOW」「バナナマンのせっかくグルメ」などのテレビ番組でも紹介されるようになって一躍注目を集めるようになったんです。

一般的に「カツ丼」と言えばトンカツを卵でとじたり、ソースをかけたりしますが、タレカツ丼は違うんです。醤油をベースに出汁やみりん、砂糖などを加えた、お店ごとの醤油ダレにカツをくぐらせてご飯の上にのせるカツ丼です。甘辛い独特の醤油ダレの風味がカツの味を引き立て、ご飯が止まらないくらい美味しいんです。

そんなタレカツ丼の発祥の店として知られているのが「とんかつ太郎」です。おそらく新潟県民で知らない人はいないだろうと思います。今では、県外からもお客さんが押し寄せる名店なんです。

とんかつ太郎

とんかつ太郎の看板メニューの「カツ丼」は、薄めのパン粉に包まれ、サクッとした歯ごたえ。伝統の味、一度食べたら病みつきになること間違いなし!

とんかつ太郎の歴史は、昭和初期に遡ります。当時、新潟市の中心部には堀が巡らされ、堀の縁にはさまざまな屋台店が軒を連ねていました。とんかつ太郎も、そんな屋台発祥店のひとつです。

初代の小松道太郎は、当時モダンな料理だったかつレツを大胆にも醤油ダレにくぐらせてご飯の上にのせて提供しました。このオリジナル料理が新潟の人に大いにウケて、いまや「新潟のかつ丼スタイル」として定着したのです。

「新潟スタンダード」として長きにわたって愛され続けるかつ丼と、自慢のとんかつ料理の数々が味わえる名店です。

とんかつ太郎には、普通のトンカツ定食などのメニューもありますが、ほとんどのお客さんが看板メニューの「カツ丼」(=「タレカツ丼」のこと。)をオーダーするんです。「カツ丼」は、カツの枚数で「ミニ」から「特製」まで4種類。お店はいつも混雑していますが、テイクアウトも出来るので地元客・観光客問わず大人気です!

※カツが3枚の「ミニカツ丼」、カツが4枚の「4枚カツ丼」、カツが5枚の「カツ丼」、カツが5枚の「特製カツ丼」があります。

とんかつ太郎
所在地  新潟市中央区古町6番町973番地
営業時間 11:30~14:30/17:00~20:00
定休日  毎週木曜日、第3水曜日は夜のみ定休

新潟名物「タレカツ丼」のお取り寄せ方法

新潟名物「タレカツ丼」は楽天市場でお取り寄せすることができます。あの名店「とんかつ太郎」が監修した元祖新潟タレカツセットも!

とんかつ太郎監修 元祖新潟タレカツセット
新潟名物専門店 小竹食品


元祖新潟タレカツセット2人前×3パック とんかつ太郎監修 たれカツ丼 新潟名物 たれかつ丼 お土産 秘伝タレ付き

新潟名物たれかつを簡単に味わえるタレカツセット クール冷凍発送

カツをタレにくぐらせてそのまま食べても、またタレに少し浸しておいてご飯にのせて 「タレかつ丼」としてもとてもおいしくいただけると思います。お好みの食べ方でお召し上がり下さい。

内容量  320g(豚カツ30g×8枚、 添付ダレ40g×2ケ)×3パック
賞味期限 製造日より180日
保存方法 冷凍保存 解凍後はお早目にお召し上がりください
配送方法 ヤマト運輸 クール冷凍便

とんかつ三条 本格的な新潟タレカツ丼


【新潟県三条】とんかつ三条のタレかつ本格的な新潟タレカツ丼をフライパンで簡単調理二人分420g新潟県産豚ロース肉使用※白米はつきません冷凍便

昭和51年創業。美味しさとボリューム満点の食事を提供し続け、新潟県三条市民から愛されている老舗「とんかつ三条」。ごはん、お味噌汁のおかわり自由、ゆで卵食べ放題お子様にわたあめサービスなど若者からご家族連れまで満足できる名店です!

とんかつ三条のタレかつ丼は、創業当時から長い年月をかけて人気になったメニュー。そんな本格的な新潟タレかつ丼がフライパンで手軽に調理でき、楽しめます。揚げたての豚ロースかつを甘口醤油ベースのタレにくぐらせ、アツアツのごはんにのせてお腹いっぱいかき込んで下さい。※白米はつきません。

規格内容量 二人分420g[トンカツ8枚、タレ2袋]
保存方法 要冷凍(-18℃以下)
賞味期限 1年

新潟たれかつ丼セット


新潟たれかつ丼セット(送料込) | メーカー発送

新潟のカツ丼は卵でとじない「タレカツ丼」です。揚げたカツを特製タレに浸し、ご飯にのせてお召し上がりください。甘辛のタレは、カツともご飯とも相性抜群です!

内容量  豚モモカツ35g×30枚、たれかつ丼のたれ50g×8袋
保存方法 冷凍(-18℃以下)
賞味期限 180日